山形の観光スポット「山寺(立石寺)」へのアクセスと駐車場

山形の観光スポット「山寺(立石寺)」へのアクセスと駐車場

どうもこんにちは!

今回は前から予告していた、山形県天童市にある観光スポットの「山寺」を紹介します!

山形県の観光スポットと言えば、「蔵王温泉」や「山寺」が定番と言われるくらい有名な観光地になります。

この記事では、「車」や「観光バス等」で山寺へお越しになる人向けに、「駐車場の情報」を紹介しますので、是非とも参考にしてみてください(o^ω^o)

国道13号から山寺へ行く方法

山寺へ行くアクセスルートはかなり限られるので、一番わかりやすいアクセスルートをご説明します。

山寺を観光しようと思っている人のほとんどは、「国道13号」を通ることでしょう。

一番わかりやすいアクセスルートは、国道13号のある所を曲がるだけであとは「一直線」で山寺へ行くことができます。

それが次のグーグルマップのアクセスルートです!

ちなみに「山形市」から山寺へ行こうとしている人は、次の写真のような交差点で「右折」をしてください。

目印として「大阪王将」が左に見えたら「右折」をしましょう

山形市から山寺へ向かう

「新庄市や東根市方面」から山寺へ行くときは、次のような写真の交差点を「左折」してください。

下の写真のようなガソリンスタンドが見えたら、「左折」をしましょう。

ちょっとみにくいですが、対向車線の方に「大阪王将」が見えるので、それを目印にしても良いかもしれません。

東根や新庄から山寺へ向かう

今回、山寺に行くアクセスルートを事前に車載動画に納めているので、是非とも下のYouTube動画も参考にしてみてください。

本当に山寺までは一直線なので、初めて観光に来た方でも安心できます!

次の項目では、山寺に来た時に車を止める「駐車場」についてお話をします!

山寺周辺の駐車場の「場所」と「料金」について

山寺までのアクセスルートは簡単なのはわかったところで、車の置き場所である駐車場ってどこって話をします。

観光地に車で行った時に、駐車場へスムーズに止めることができたら気持ち的にもすっごく楽ですよね?

駐車場探しに苦労して、結局高い料金の場所だったなんて最悪です!

そこでこの項目では、山寺周辺の「無料」「有料」駐車場についてまとめました!

是非、車で山寺へ行くときは事前に下見をしておいてください。

「無料」の山寺駐車場

実は地元山形の人でもあまり知られていない、無料の駐車場が山寺にはあるんです。

それが下の航空写真の場所になります!

山寺の無料駐車場

うん!

わかりにくい!

ということで、わかりやすい地図をドン!

山寺の無料駐車場山寺の無料駐車場

恐らくですが、山寺の駐車場の中では一番わかりにくい場所にあります!

ただ、ここの駐車場は山寺の中では唯一の無料」になるので、どうしてもお金をかけたく無い人はここに駐車をしましょう。

しかし、駐車できる台数が「約10台」とすっごい少ないので、早い者勝ちになるのは覚えておいてください。

どうしても「無料」駐車場がいいなら「山寺芭蕉記念館」

何が何でも「無料」の駐車場がいい!

そんな人には、「山寺芭蕉記念館」をオススメします。

ただし、めっちゃ遠いですけどね!

距離にすると1kmで、アップダウンが激しい坂があるので、人によっては20~30分かかるかもしれないので、それでもいいのなら是非!

山寺芭蕉記念館山寺芭蕉記念館

駐車できる車は「約50台 」ほどなので、止められないということはないでしょう。

ただ、先ほども話した通りとにかく遠い!

しかも坂道がきつい!

これでも大丈夫な人で「無料駐車場」にこだわる人はいいかもしれませんなw

「200円」山寺で最安値の駐車場

私が知っている限り、この駐車場が山寺で最安値の駐車場でしょう!

山寺の最安値駐車場山寺最安値の駐車場

この駐車場は、私が行った時には「200円」になっていたので山寺の中では最安値です!

下の写真が証拠になります。

山寺最安値の駐車場

比較的わかりやすい場所に駐車場があるので、初めて山寺へ来る観光客でも簡単に見つけることができるはず。

結構空いていることも多く、安い割にすぐ止められることもしばしば。

ただ、問題なのは駐車場の料金が安い代わりに、少し山寺まで遠いということですね。

これから登山する人にとっては、対して意識する必要はないかもしれませんが、デメリットではあるでしょう。

ちなみに、私が投稿したYouTubeの動画でもその駐車場は見えるので、参考にしてみてください。

下のYouTube動画を再生すると、その場面の映像に切り替わります!

山寺「500円」の有料駐車場

先ほどは安い山寺の駐車場をお話ししましたが、他の駐車場は基本「500円」になります。

「500円」で停められる駐車場は山寺には多くあるので、観光客でいっぱいになってもどこかしら空いていると思います!

ここでは、「500円」シリーズの駐車場を教えちゃいます。

山寺駅前駐車場

こちらの駐車場が、「停めやすさ」「山寺への距離」「見つけやすさ」を考えるとトップです。

グーグルマップに表すとこんな感じです!

山寺駅前駐車場山寺駅前駐車場

この駐車場は24時間「500円」で駐車することができ、「約30台」の車を止めることができます。

車で山寺へ向かっていると、道なりに見えてくるので初めての人でも簡単に見つけることができるのがポイント。

ただ、見つけやすいため、結構早い段階で駐車場が埋まることが多いので、朝早く山寺へ行くようにしよう!

今回YouTubeに載せたい車載動画にも乗っているので、映像でイメージをつかせたい人は下の動画を再生して見てください!

 山寺登山口駐車場

こちらの駐車場は、すぐそばが山寺登山口になるので、もっとも山寺に近い駐車場の一つです。

ただ、下のストリートビューを見ていただければわかる通り、駐車スペースが狭く、ここまでたどり着くために「狭い道」「多くの観光客」を縫って運転しなければならないので、運転に自信がない人は少し控えた方がいいかも。

山寺登山口駐車場山寺登山口駐車場

それでも山寺がすぐそばなので、同じ500円を払うのであればこちらの駐車場がお得ですよね。

停められる車の台数は「約10台」なので、空いていない場合は次に解説する駐車場を使うと良いでしょう。

駐車場 根本中堂 最近

こちらの駐車場は、先ほど話した山寺登山口駐車場をほんの少し先にいった場所に存在します。

山寺への近さはほぼ変わらないくらいの立地条件なので、山寺登山口駐車場に空きスペースがなければ、「駐車場 根本中堂 最近」を使いましょう。

駐車場 根本中堂 最近駐車場 根本中堂 最近

こちらの駐車場も停められる車の台数は「10台」ほどで、狭い道を進むことになるので車の運転が苦手な人には少し厳しいかもしれませんね。

「山寺登山口駐車場」と「駐車場 根本中堂 最近」には基本的に誘導員が配置されているので、安心して車を止めることはできます。

芭蕉橋駐車場

最初に紹介した「山寺駅前駐車場」よりも少し遠くなりますが、「見つけやすい」「停めやすい」点で行ったらこちらも負けていません。

ストリートビューでは、情報が古いので表示されていませんが、左右に駐車場が完備されています。

左右合わせると「30台」ほどの車を止めるスペースがあり、舗装もされていて車間もそれなりにあるので、運転が苦手な人でも安心して駐車することができる。

芭蕉橋駐車場芭蕉橋駐車場

山寺方面に運転していくと、道沿いに見えてくるので比較的見つけやすいものいいですね。

下のYouTubeに掲載した車載動画では、最新の映像となっているので左右に駐車場が配置されているので参考までに。

ただ、山寺からは少し遠くなるので、あまり離れたくない人には向かないかも…。

山寺 駐車場

最後に紹介するのは、「500台」止めることができる駐車場の「山寺 駐車場」です。

車を駐車できる数で言ったら、ぶっちぎりの一位です!

ただ、山寺よりかはかなり遠くなるのがネックで、同じ「500円」を払うなら近い方がいいかも…。

山寺 駐車場山寺 駐車場

今まで紹介した山寺の駐車場が全て埋まっていたら、「山寺 駐車場」を使うくらいに思っておいてください。

最初から山寺駐車場を使おうと思うと、なんか損した気分になりますので私はオススメしませんw

当然山寺までの距離は、歩いて10分ほどかかることになりますので注意!

下のYouTubeに掲載した車載動画では、山寺駐車場が右手に見えてくるので映像で確認して見てください。

車以外での山寺アクセス方法

多くの人は車を使い山寺へ行くと思いますが、県外からくる観光客の人は「電車」や「バス」を使うのがほとんどでしょう。

それぞれの乗り物別に見た、山寺へのアクセス方法をご紹介します。

「電車」で山寺へ

山寺へ電車を使ってアクセスするには、「JR仙山線」を使用することとなります。

「仙台」もしくは「山形」から乗車し、移動することとなるので覚えておいてください。

「JR仙台駅」から山寺へ

JR仙台駅から乗車する場合は、「7番ホーム」か「8番ホーム」を使います。

天候等によって遅れが出るので乗車時間は変わりますが、おおよそ「60~70分」で山寺駅へ到着する。

時刻表は割愛しますが、「1時間に1本」程度の電車数になるので、一本逃してしまうと1時間待たなくてはならないので注意。

乗車料金は片道で「840円」、往復で「1,680円」となるので準備しておきましょう。

「JR山形駅」から山寺へ

天候等によって遅れが出るので乗車時間は変わりますが、おおよそ「10~20分」で山寺駅へ到着し、仙台駅から行くよりは全然近いですね。。

仙台方面からと同様で、「1時間に1本」程度の電車数になるので、一本逃してしまうと1時間待たなくてはならないので注意。

乗車料金は片道で「240円」、往復で「480円」となるので準備しておきましょう。

「バス」で山寺へ

バスで山寺へ行くのはかなり厳しいと思います。

なぜなら、「バスの本数が少ない」からです!

バスを運営する「山交バス」を見てもらえればわかりますが、「平日1日5本 」「休日1日2本」しか存在しません。

山交バスの時刻表

バス停は「山形駅→山寺」と「山寺→山形」が運行しておりますが、乗り降りする場所がいまいち掴みにくい。

そこで下記には、山形駅前から乗る場合と山寺から乗る場合をご紹介します。

「山形駅→山寺」でバスを使う場合は山形駅前2番から乗る

山形駅からバスに乗る場合は「山形駅前2番」から乗車する必要があります。

グーグルマップとストリートビューにすると、下記の通りなります。

山形駅前2番左の写真の位置が「山形駅前2番」です。

山形駅の改札を右に曲がるとロータリーに出れますので、比較的見つけやすいと思います。

  • 運賃は片道700円
  • 所要時間はおおよそ40分

こんな感じですね。

電車で山寺へ行くほうが楽ですが、バスの旅を楽しみたいのであればありですね。

「山寺→山形駅」でバスを使う場合は山寺駅前から乗る

山寺から山形へバスを使いたい場合は、下のグーグルマップ、ストリートビューの位置から乗車することができます。

山寺駅前と言っても、少し山寺駅から歩くので注意が必要。

このバス停が一番山寺から近いので、バスをご利用の場合はぜひ使って見てください。

まとめ

今回は山寺へのアクセスルートと駐車場について話をしました。

駐車場はわかりにくい場所にあるのも多々あるので、観光で山寺へ行かれる際はあらかじめ止める駐車場を決めておきましょう。

しかし、どの駐車場もあまり多くの車を止めることができないので、いくつか候補を絞っておき、止められない場合も想定しておくとスムーズに駐車が可能。

山寺を登る前に気を使いたくないですよね。

是非とも山寺へお越しの際はご利用ください(o^ω^o)

コメント

タイトルとURLをコピーしました